さかたや

お問い合わせ

ブログ

桜の季節が楽しみです。

さかたや本社の近くには「大河津分水」という可動堰があります。信濃川は日本一の大河として有名ですが、かつては暴れ川として恐れられ、洪水のたびに氾濫を繰り返していました。氾濫を防ぐために24年の歳月をかけて建設されたのが「大河津分水」です。昭和6年に最初の「大河津分水」が完成しました。
この大事業を記念して住民が堤防に桜を植えたのが大河津分水桜並木の始まりです。今年はまだ蕾の状態ですが、1週間もすれば開花し始めるとの予想が出ています。また、この桜並木では4月中旬に「分水おいらん道中」というお祭りが開催されます。今年は4月16日(日)が開催日になっています。お祭り当日には、JRの臨時列車が出るほど多くの観光客で賑わいます。

大河津分水 桜